唇 荒れる 口紅

唇の荒れる口紅って一体どういうもの?荒れない口紅は?

唇 荒れる 口紅

実は口紅には主にカラー顔料とワックス、油分で作られているって知っていました?

 

カラー顔料は口紅のカラーを出すための色素で、赤色202号とか青色2号などのようにカラーと号数で表記されます。

 

この色素成分は石油から合成されたタール色素と呼ばれる色素になりますが、このタール色素が原因で唇が荒れる人もいます

 

また、口紅を大きく分けると、仕上がりにマット感がでるタイプとツヤツヤした艶感がでるタイプに分けられます。

 

マットタイプは、油分が少なく顔料が多めの口紅です。
唇にしっかりと密着できるので長い艶感をキープできます。しかし、唇が乾燥するというデメリットもあります。

 

また、しっかりと密着するので、落ちにくく、唇をゴシゴシこすることで摩擦を起こして唇が荒れてしまう場合もあります。
こういった落ちにくいというメリットの有るものは口紅が荒れやすい口紅とも言えます。

 

ツヤありタイプのリップは、カラー顔料は少なく、油分が多めにつくられているため、唇を乾燥させないというメリットがあります。しかし、油分自体が合わず、これもまた唇が荒れる人もいます。

 

では荒れない口紅ってどういうもの?

荒れ ない 口紅

リップメイクが決まるのと決まらないとではメイクの印象が変わります。唇の荒れは本当につらいもので、皮がボロボロになってしまいます。
敏感肌の方の中には口紅をつけただけで、途端にピリピリとすることもあるといわれます。

 

そのため、唇が荒れないようにするため、荒れを引き起こす成分は避けるようにしましょう。

 

唇は皮膚が薄く乾燥しやすいという構造上の特徴があります。そのため、口紅を選ぶ時には保湿効果の高いものを選びましょう。
保湿効果の高いものは荒れにくい口紅といえまます。

 

そして、紫外線に当たると荒れるようになる人もいます。紫外線対策のできる口紅がおすすめです。

 

酸化チタンなどの紫外線散乱剤は肌荒れを起こしにくいといわれています。しかし、紫外線吸収剤は肌を刺激するといわれていますので、不使用の荒れないタイプの化粧品を選ぶようにしましょう。

 

そして、石鹸でも落とせる口紅がおすすめです。合成界面活性剤が入っているクレンジングを使わなければ落とせない口紅は、クレンジング時に肌やリップに強い刺激を与えることがあります。

 

自分の唇に合わせましょう

 

口紅に入っているカラー顔料にはタール色素が配合されています。このタール色素は唇が荒れてしまう原因となる場合があるので、こういったものは唇が荒れやすい口紅といえます。

 

そして、仕上がりの質感の違いで口紅はマットタイプと艶タイプに分けられます。

 

マットタイプは、油分が少なく顔料が多めに入っています。唇にしっかりと密着できるので長い艶感をキープできますが、しっかりと密着できるがために、落ちにくく、ゴシゴシこすることで摩擦を起こして唇荒れにつながる場合もあります。

 

なので、唇が比較的すぐ荒れるタイプの方は、なるべく保湿効果の高い艶のある口紅を使うようにしましょう。

 

さまざまな口紅を試しても改善されない場合は石油系化学合成成分カットのオーガニック成分主体の口紅がおすすめです。

 

 

>>>唇ケア向きのリップクリームクリームって何?人気のケア方法は?

 

 

「なんだか最近メイクが決まらない・・・」

そんなあなたに、ユーザーが☆5の太鼓判の大人のルージュ!

公式サイトはこちらからどうぞ♪

唇 荒れる 口紅