30代で口紅の色は?

30代が口紅の色を選ぶ時に押さえるべきポイントはこれだけ♪

プライムルージュ口紅

30代に入ると服装も20代の頃とはちがってちょっと落ち着いた女性の感じにシフトしたり、メイクも今までとはちょっと変わってきますよね。

 

というより、メイクは変わらざるを得ない場合もありますよね・・・

 

でも、そんな時悩むのは、一体30代ってどんな色が似合うの??

 

いつまでもド派手な赤や何も塗らないなんて言ってられません。

 

30代は女性の魅力が際立つ年齢。

 

ばっちり口紅も決めてしまいましょう♪

 

自分のベースカラーを知る

 

メイクといえば、話題に上がるのはベースカラー。
自分の肌の色に合わせて色を決めるのが良いと言われていますよね。

 

自分のベースカラーは「イエローベース」と「ブルーベース」に分かれます。

 

色々と細かいことを言い始めるとキリがないのですが 簡単に説明すると・・

 

イエローベース

 

指先をギュッと握ります。ぱっと離した後血管がオレンジかかっている

 

肌が黄色っぽい、またはオレンジっぽい

 

日焼けしたときは小麦色になる

 

どちらかと言えば、シルバー系よりゴールド系が似合う

 

イエローベースは肌が黄色やオレンジかかって見える人です。

 

ブルーベース

 

指先をギュッと握った後の血管が青みがかった赤や紫の色をしている

 

昔から色白だった

 

日焼けしたら肌が赤くなりやすい

 

どちらかと言えば色白で肌が青みをおびている

 

 

ブルーベースはイエローベースとは対象的に肌が青色を帯びて見える人です。

 

また、ポイントはわかったけど、今ひとつ自分のベースカラーがわからない・・。

 

そんな時は、2本の口紅を試してみましょう。

 

その2本の口紅とは、コーラルピンクとローズピンクの2色です。

 

塗ってみて肌が明るく見えるのが自分にあった色となります。ちなみにコーラルピンクはイエローベース、ローズピンクはブルーベースの方という可能性が大きいですので一つの参考にしてみて下さい。

 

口紅の色はどうする?

 

イエローベースの方に似合うと言われている色

 

コーラルピンク・サーモンピンク・オレンジ・コーラルベージュ・パステルオレンジ・オレンジレッド・など、黄色よりのカラーが似合うと言われています。

 

 

 

ブルーベースの方に似合うと言われている色

 

ローズピンク・パールピンク・ベリーレッド・真紅・マゼンタ・ピンクベージュ・ワインレッドなど華やかで鮮やかな色が似合うと言われています。

 

 

30代のおすすめの口紅は?

プライムルージュ口紅

自分に似合う色がわかっても、同じ使うなら唇に優しい口紅を選びたいものです。

 

特に唇が荒れやすいという方は「落ちにくい口紅」というものは避けるようにしましょう。

 

そして合成色素が使われていないものにしましょう。
落ちにくいと言われる口紅にはこの合成色素が使われてることが多いのです。

 

口紅を塗って、ヒリヒリしたり口紅を塗ると荒れるという人はこの合成色素が原因の場合がほとんどです。

 

また、うるおい成分の多いものを選びましょう。
潤い成分が多い口紅はあれにくいと言われています。

 

ですので、口紅を選ぶときは自分のベースカラーにあった色、そして荒れにくい唇に優しい口紅を選ぶようにしましょう。

 

 

>>>口紅の選び方で30代は顔が変わる!?抑えるべき2つのポイント

 

 

「なんだか最近メイクが決まらない・・・」

そんなあなたに、ユーザーが☆5の太鼓判の大人のルージュ!

公式サイトはこちらからどうぞ♪

30代で口紅の色は?