就職活動 メイク

就職活動のメイクはどうする?

就職活動が始まるとどんな職業に就きたいか、どんな会社を選ぶかいろいろ頭を悩ませます。
自分にどんな仕事が合っているのかもわからないので、不安もいっぱいです。

 

どの業界を受けるかによって、どんな質問をされるか、どんな印象を与えるのがいいのか。
どんな職業でも大切になってくるのは第一印象です。

 

いくら中身が素晴らしい人でも、それを面接の短い間に伝えるのは困難です。

 

第一印象はスーツの着こなし、髪型、挨拶等いろいろな要素で決まってきます。
その一つとして、女性の場合はメイクによっても印象が違ってきます。
メイク方法は、将来進みたい進路によっても違ってきます。

 

例えば、美容・ファッション系やアナウンサー・営業職などの人前に出る仕事は華やかな印象を与えていいと思います。
一方、事務職や経理職など会社の中で仕事をする場合には、派手な印象を与えることはマイナスです。

 

面接官が判断するのは、メイクの上手さではなくその会社にとって必要な人材かどうかです。
カラコンやつけまつげをしたり、派手な色のチークをつけていては会社になじめるようには見えません。

 

メイクの方法でいかに清潔に見えるか、明るく親しみやすい印象を与えられるかがとても重要です。

 

例えば、ファンデーションは素肌に近い色を選び、顔の色と首の色の違いがないようにします。
また化粧崩れを防ぐ工夫も大切です。
面接前にファンデーションをすぐぬれるように準備もしておきましょう。

 

面接官が一番見るのは、目元です。
そのためアイメイクはとても重要です。
アイブロウは自然な印象のブラウン系がいいでしょう。

 

眉の印象を強くしないために太すぎるのはNGです。
かといって細すぎても真面目な印象ではなくなってしまうので避けるべきです。
あくまで自然な印象を心がけましょう。

 

アイラインも控えめに、マスカラも軽く塗るくらいで抑えます。
チークの色は、淡いピンク系ですが顔色がよく見える程度で抑えます。

 

就活に向いている口紅の色は?

面接官は目を見ていると思いますが、口元もチェックしているので気がぬけません。

 

ではどんな色が好印象を与えられるのでしょうか?

 

面接官に好まれる色は、ナチュラル系の色です。

 

ピンク系、オレンジ系、ベージュ系の落ち着いた色を選ぶのがお勧めです。
口紅のカラーを選ぶ時には、ピンク、オレンジ、ベージュという言葉が含まれている口紅を選ぶといいでしょう。

 

それと同時に落ちにくいといったことも大切です。
せっかくのメイクも面接の時に色があせていては台無しです。

 

またグロスは塗らないほうがいいでしょう。

 

唇ばかりがつやつやしていては、面接官も口元ばかりに目がいってしまいます。

 

普段ほとんどノーメークだという人もいますが、口紅に慣れていないからといってリップだけで終わりにするのもNGです。
メイクをするのは、社会人としてのマナーです。
きちんと口紅を塗りましょう。

 

就職活動で大切なのは、いかに面接官にいい印象を与えられるかです。
この人ならば、一緒に仕事をしたい、自分の会社になじんでもらえるといったいい印象を持ってもらえるようなメイクをしてぜひ内定を勝ち取りたいですね。

 

 

 

「なんだか最近メイクが決まらない・・・」

そんなあなたに、ユーザーが☆5の太鼓判の大人のルージュ!

公式サイトはこちらからどうぞ♪

就職活動,メイク,口紅