唇 荒れ ケア

唇の荒れの一番の原因を知っていますか?効果的なケア方法は・・

唇 荒れる

唇が荒れやすいのはなぜなのでしょうか?
唇が荒れる原因はいろいろありますが、唇は皮膚が薄くデリケートで、水分保持力が弱いために、カサつきやすくなります。

 

空気が乾燥してくる冬になると、どうしても空気の乾燥によって乾燥が起こります。
また、暖房器具の使用でも室内は乾燥しやすくなります。
乾燥することで唇の表面の薄い皮が硬くなってしまい、剥けてしまったり、裂けてしまったりしやすくなります。そうなると唇が荒れてしまいます。

 

また、人によっては口呼吸をする人もいますよね。そうなると、呼吸の際に空気が唇に触れて、乾燥しやすくなるのです。
そして実は唇を舐めることも乾燥につながるって知っていましたか?
一瞬だけ唾液で湿りますが、唾液が蒸発する時には唇の水分まで奪ってしまうので余計に乾燥したりします。

 

唇は皮膚が薄く、メラニン色素も少ないです。そのため、紫外線から守ってくれるものもなく、紫外線によってダメージを受けてカサついてしまう場合もあります。
このように、唇は皮膚が薄くデリケートですので、乾燥を避けてこまめにケアをしてあげる必要があります。

 

唇ケアはどうする?

唇 荒れる

唇の乾燥の保護には一般的にリップクリームがよく用いられています。
唇のケアとしては、リップクリームは保湿効果が高いので塗るだけで乾燥を防いでくれるのがいいですよね♪

 

今は様々なリップクリームが販売されています。
乾燥により唇が荒れてしまった場合には、リップの治療をするために第3類医薬品と表記されたリップクリームが効果的といわれています。

 

このリップクリームは医薬品の部類に分類されていますので価格は高めですが、カサついてしまったリップを整える効果があって、コンディションを良くしてくれます。

 

また、純正のはちみつでリップパックするのも効果的といわれています。
これは驚くほどしっとりすると評判です♪

 

またこれらは外側からのケアですがリップを内側からケアする方法もあります

 

リップの荒れには粘膜を保護するビタミンB2の不足が関係しているといわれていますので、ビタミンB2が豊富に含まれている食べ物を摂ることで、内側からケアすることができます。

 

ちなみにビタミンB2が豊富な食べ物にはレバーや納豆、卵などがあります。

 

唇が荒れにくい口紅もおすすめです

 

冬になると空気が乾燥して唇が荒れやすくなり、その原因はいろいろあって、唇は皮膚が薄くてデリケートで、水分保持力が弱いことで荒れやすくなります。

 

唇が乾燥すると、表面の薄い皮が硬くなって、剥けてしまったり、裂けてしまったりしやすくなり、また、水分不足や紫外線、唇をなめる癖などがあると荒れやすくなるといわれています。

 

唇の乾燥を防ぐのには、リップクリームがおすすめです。また、はちみつでパックすると潤ってプルンとした唇になるといわれています。

 

内側からのケアとしては食事に気を付けましょう。ビタミンB2を多く含む食品を摂ることがおすすめです。

 

また女性の場合は普段から荒れにくい口紅を使うこともポイントです。

 

しっかり保湿して唇が荒れるのを乗り切りましょう!

 

 

>>>唇の荒れる口紅って一体どういうもの?荒れない口紅は?

 

 

「なんだか最近メイクが決まらない・・・」

そんなあなたに、ユーザーが☆5の太鼓判の大人のルージュ!

公式サイトはこちらからどうぞ♪

唇 荒れ ケア